本文へスキップ

 

鉄鋼環境基金とは

 鉄鋼環境基金とは  事業内容と沿革
 鉄鋼環境基金は、大学や研究機関等への研究助成事業を通して、鉄鋼業に係わる環境保全技術の向上に寄与することを目的としております。
 本財団が助成してきた研究の成果は、鉄鋼業にとどまらず広く産業界の環境保全に貢献しております。また、研究助成を通じて教育や学術の振興にも寄与しております。

沿革
  • 設立:1973年9月19日 財団法人 鉄鋼設備窒素酸化物防除技術開発基金
  • 改称:1980年1月28日 財団法人 鉄鋼業環境保全技術開発基金
  • 移行:2011年4月1日   公益財団法人 鉄鋼環境基金
  主務官庁:内閣府
  出損者 :一般社団法人 日本鉄鋼連盟加盟会社 及び 普通鋼電炉工業会
  基本財産:1億円
  年間予算:約1.1億円
  主事業 :環境研究助成 (年間研究助成費:約7千5百万円)

 1973年にNOx防除技術の研究開発に対する研究助成を目的として財団法人 鉄鋼設備窒素酸化物防除技術開発基金(NOx基金)として設立されました。
 1980年には研究対象をNOxから鉄鋼業の事業活動全般に係わる汚染物質に拡大して財団法人 鉄鋼業環境保全技術漢発基金に改称し、環境技術の研究助成を実施いたしました。
 2011年4月に公益法人制度の改定を受けて、公益財団法人 鉄鋼環境基金に移行いたしました。

助成研究関連ページ

公益財団法人 鉄鋼環境基金

〒103-0025
 東京都中央区日本橋茅場町
 3丁目2番10号
 鉄鋼会館 6階

TEL 03-5652-5144
FAX 03-5641-2444